PICCADILLY ヘッダーロゴ

2018.06.17(SUN)

Club Piccadilly Day Party

SPECIAL GUEST : Sigala

DJs

TAKU-HERO / RYU-To / DJ Yuichi / WTD / Zinto / Gy.T / Gemma / TARAO / SYO-MA

世界中で大絶賛“Sweet Lovin”などピアノとEDMを融合させたハッピーソングで一気に人気DJへと上り詰めたイギリス出身のDJ/プロデューサー【Sigara(シガーラ)】の初来日公演がクラブピカデリーで開催決定!!
最新曲“Lullaby” 、“EASY LOVE”などまさにこの夏も大ヒット間違いなしのトロピカルサウンドは必聴です!! この日はDAY PARTY 未成年入場可能!! ぜひお見逃しなく!!
Sigala
Fatboy Slim「ファットボーイ・スリム」やProdigy「プロディジー」といったDJから影響を受け、17歳のときからプロデュース業を始める。 幼い頃からピアノを習っていたこともあり、今ではSigalaの代名詞と言っていいほどピアノを取り入れたEDMを作るのを得意としている。 「ピアノ」と「EDM」を融合させた音楽を作り出すようになり、Sigalaの活躍がみるみる上昇。
Jackson 5(ジャクソン 5)の名曲中の名曲“ABC”をサンプリング。 「自分のために自分の好きな音楽を作ろう」そう思って何気なく作成したのが、後にSigalaのデビューシングルとなりYoutubeでは1億再生以上を記録した「Easy Love」である。 それをきっかけに元々やっていたプロデュース業からEDMアーティストとして楽曲制作にシフトチェンジ。 イギリス出身シンガー、Bryn Christopher(ブライン・クロストファー)をフィーチャリングしたナンバー「Sweet Lovin’」やCraig David(クレイグ・デイヴィッド)とのコラボ・ナンバー「Ain’t Giving Up」、さらにJohn Newman(ジョン・ニューマン)とアメリカ出身のギタリスト、Nile Rodgers(ナイル・ロジャース)をフィーチャーしたナンバー「Give Me Your Love」でSigalaのピアノサウンドとアーティストの個性を最大限に引き出す。
Imani Williams(イマーニ・ウィリアムス)とイギリス出身のDJ Freshをフィーチャーしたナンバー「Say You Do」はリトルマーメイドばりのマリンチックなドラムンベースは、1995年にMariah Carey(マライア・キャリー)が出した“Always Be My Baby”と1972年にリリースされたLyn Collins(リン・コリンズ)の“Think (About It)”の一部をサンプリング。イギリスのシングルチャートで5位を記録。
すでにUltimate Music Experience(アルティメット・ミュージック・エクスペリエンス)やCreamfields(クリームフィールド), Tomorrowland(トゥモローランド)への出演も果たしており、今後ますます世界での活躍が期待されている。 Sigalaの作る楽曲は、聴いてるだけでハッピーになれるものが多く、DJ プロデューサーにはないユニークさ、繊細で綺麗な音のピアノがみごとに融合され、聞き心地がとても良いと評価を得ている。

DJs

Sigala